鍼灸師

鍼灸専門学校は国家試験の合格率で選ぼう

お灸

鍼灸師になるためには専門学校か大学に通わなくてはなりませんが、専門学校に通う方が多いです。その理由は、鍼灸専門学校なら3年間で卒業ができて、すぐに鍼灸師になることができるからです。もちろん、専門学校を卒業しただけでは国家試験の受験資格を得られるだけですが、鍼灸専門学校のカリキュラムは実技重視で実践的であり、国家試験対策もきちんと行ってくれるので、まじめに勉強すれば確実に国家試験に合格することができます。
全国各地に鍼灸専門学校はありますが、選ぶなら国家試験の合格率をチェックしてみることをおすすめします。前述のとおり、卒業しただけでは国家試験の受験資格を得られるだけであり、鍼灸師になるためにはその後に試験に合格しなければなりません。合格率が高いところほど、国家試験合格に直結した指導をしているということや、学生の質が高く本気で合格を目指している学生が集まっていると判断できます。そのため、合格率で選んで損をすることはありませんし、環境が良ければモチベーションを維持したまま勉強し続けることが可能です。専門学校はオープンキャンパスもやっているので、学校の雰囲気を知りたい方は是非参加してください。

鍼灸専門学校はこう選ぶと後悔しない

鍼灸師を目指せる専門学校は、全国に約100校あります。そのため、選ぶ時にはよく比較をして、在学して良かったと思える学校を選ぶことが重要です。講師の先生の指導が上手だと、勉強もはかどりますし国家試験合格の可能性も高まります。そこで、どんな先生が指導しているかは見ておきましょう。講師の先生については、ホームページ及びパンフレットで紹介されています。そこには経歴やその先生の人となりについて解説されていますので、何となくでもイメージを持つことができます。鍼灸専門学校の口コミを調べてみるのも良いですし、端的に国家資格の合格率を調べてみるのも良い方法です。合格率は卒業生の優秀さがわかりますし、口コミは在校生や卒業生から評価がわかるので、総合的に見て通うべき専門学校を見つけられます。校風も異なりますが、意外と校風も学びやすさに関係してきます。そのため、これも口コミで調べてみたり、オープンキャンパスに参加したりして事前に調べておくことをおすすめします。
合わない鍼灸専門学校に入学していてもやる気が出なくなってしまうので、鍼灸師になるための専門学校選びは非常に重要です。軽く考えるのではなく、入って良かったと思えるところを選べるよう努力してください。

鍼灸師を目指すなら専門学校で知識を身に付けよう

東洋医学の流れを汲んだ鍼灸師は、様々な分野で活躍することができます。手に職をつけることができますし、独立して開業することもできます。そんな鍼灸師を目指すなら、鍼灸専門学校へ通う必要があります。鍼灸師は国家資格で、はり師ときゅう師という2つの資格を取らないといけません。両方の資格に共通する部分が大きいですから、2つ一緒に取る人が大半です。

専門学校ならそんな鍼灸師になるために必要な知識や技術をしっかり学ぶことができます。専門学校にもよりますが、鍼灸師の他にも、あん摩マッサージ指圧師や柔道整復師の資格にもトライできます。専門学校は昼間普通に通えるところもありますし、働きながら通える夜間コースなどもあります。社会人になってから鍼灸師を目指す人も多いです。昼間は仕事をして夜学校に通って、経済的な負担を減らして必要なことがしっかり学べます。

専門学校は就職のサポートもしっかりやってくれますし、国家資格の対策も充実しています。残念ながら試験に落ちてしまった人でも、次の試験に向けたサポートなども受けられます。鍼灸専門学校なら基礎から実技、国家試験対策まで幅広い教育を受けられて、将来の夢をかなえる手伝いをしてくれます。

イチオシ情報

見所一覧

リンク集

Top