鍼灸師

鍼灸師を目指す場合には大学よりも専門学校がおすすめ

鍼灸師を目指すなら大学よりも専門学校のほうがメリットが大きいです。大学では希望の分野を学びながら一般教養も身につけることができ、一般企業への就職するという道も選択肢として選ぶことができます。専門学校では、一般教養よりも希望した業界に特化した知識や技術を学ぶことができるカリキュラムを基に学んでいきます。そのため、鍼灸師としての就職や資格取得を目指すことが目的となり、実習が中心の授業を行っていくことになります。鍼灸師として専門学校を選ぶことのメリットは、大学よりも比較的入学が容易で、実習中心の授業が多いため就職後は即戦力として活躍することが期待できます。鍼灸師として活躍するには国家資格の取得が必須となりますが、専門学校では資格対策が徹底して行われています。合格率を100%と謳っている学校もあるほどです。大学を卒業していると大企業での就職も望めますが、鍼灸師の活躍の場は大企業でなくとも、医療系や介護・福祉系、スポーツ関連など幅広い分野で就職をすることができますし、自ら開業をするという道もあります。そのため、鍼灸師を目指すなら大学よりも専門学校のほうがメリットが大きいということになります。鍼灸専門学校はいろいろあります。学校の特色だけでなく、通いやすさや授業料なども含めて自分に合った学校を選んでいくことがおすすめです。

イチオシ情報

見所一覧

Top